総合Q&A | パワーストーン全般について

Q.1 誕生石や星座石を含む、生年月日による石選びって平気ですか?

A. いいえ。生年月日による石選びは正確には出来ません。それができるという方に逆にお聞きしますが、生年月日が同じであれば、皆さん同じということになるのでしょうか?生まれた国や地域、家族構成や周りの友人等、影響を受ける人が全く同じ人は一人も居ません。つまり、それを一括りにする生年月日による石選びは、間違ったものだと考えます。

 

Q.2 恋愛運を上げたい場合、ローズクォーツを持つのが一番良いですか?

A. いいえ。誰でもローズクォーツが良いのかというと、そうではありません。(これは金運のタイガーアイにも言えることです。)恋愛運の石の代表格ではありますが、他にも恋愛運の石はたくさんあります。また、直接的な恋愛運だけではなく、間接的な恋愛面の課題(自分の気持ちを伝えられるようになる石)などもありますので、一言で簡単に恋愛運とくくるのは難しいです。したがって、しっかりとした石選びが出来るお店にご相談いただくのが宜しいかと思います。

 

Q.3 石は好きな色や欲しい意味で選んで良いですか?

A. (龍視鑑定を受ける場合は)いいえ。好きな色・欲しい意味とはすなわち“欲”です。欲を持って見た場合、真理を見失うのが常。それよりも本来自分に必要なものを選んでいくのがお守りを持つ趣旨だと思います。もちろん、最終的な選択は個々の自由ですので、『どうしてもこの石が気になる』という、石の色や意味を抜きにした石自体を直感で選ばれるのは、良いと思います。

 

Q.4 開運していくために一番良いアイテムはブレスですか?それとも他のものですか??

A. 一番効果が高いのはブレスです。これはQ.7にも触れていますが、気の巡りを一番変えやすいのが腕だからです。従って、極力ブレスの形で身に着けられる事をオススメします。

 

Q.5 一度切れたブレスは、修理して使用しても良いですか?

A. はい。一部には、『切れたらその時点で全てがお役目を完了する』という考えがあります。もちろん切れた時点でお役目を終える場合もあります。しかし、当然ゴムやワイヤーの摩耗によって切れることもありますし、たまたま引っ掛けてしまうこともあります。それを全て“役目を終えた”と考えるのは、宜しくありません。切れた場合には信用のあるお店に持って行き、使用できる石は引き続き使用してもらい、使用できない石についてはQ.6の方法により手放すのが良いと思います。

 

Q.6 お役目が終わったと思う石があります。どのようにして手放したら良いのでしょうか?

A. ご自身の中で“もうこの石はお役目が終わったかな…”と思われた際には、感謝の気持ちと共に土に埋めるか海に流してください。神社仏閣で手に入れられたお守りを篝火(かがりび)でお焚き上げしてもらうと思いますが、それと同じことです。その際は自らの手でバラして石だけの状態にし、石のみを埋めるか流すかしてください。(中のゴムやワイヤーは各自治体のゴミ処分方法に基づき分別)なお、埋める場所・流す場所はどこでも構いませんが、それが仮に公共の場所である場合は節度ある行動を心掛けましょう。

 

Q.7 ブレスを身に着ける手は右手ですか?左手ですか??

A. 原則は利き手と逆の手(右利きであれば左手、左利きであれば右手)です。気は利き手と逆の手から入って、利き手から抜けます。その際により良い気を入れるためのアイテムがブレスです。ただし、状況によっては利き手に着けた方が良い場合もありますが、当店の場合は利き手に着けるべきクライアント様には、お渡し時にその都度お伝えしています。

 

Q.8 浄化をやってないのですが、やっぱりした方が良いのですか?

A. はい。浄化は石の中に入った悪い気の掃除のようなものです。お持ちの石をご自分の手足のようにするためにも、出来るだけご自身の手で行ってください。浄化方法については、下記ページをご参照ください。

▶ パワーストーンの浄化方法

 

Q.9 それぞれのパワーストーンの簡単な意味が知りたいのですが…。

A. 全てのパワーストーンの意味を書くと膨大な量となりますので、当店の定番の石を以下にまとめております。(なお、掲載の石は順次追加していく予定です。)仮に未掲載の石の意味を知りたい場合は、Googleやその他検索エンジンで調べていただけると幸いです。パワーストーンの簡単な意味については、下記ページをご参照ください。

▶ パワーストーンの意味・効果(簡易版)

 

このページの先頭へ