【安心感UPのパワーストーン】岩手県O・R様

まいどっ!!
九州が生んだ幸せ請負人こと、開運浄化師“蓮”です。

14日間の地元イベントも、今日を含めて残りが3日。

地元とはいえ、やはり14連勤の朝から夜までぶっ通しはキツイですね(笑)

このイベントが終われば…

翌日から3泊4日で韓国出張、まだまだ暑い韓国で動き回ってきます…(^_^;)

 

そう言えば!
本日の記事から、当ブログのタイトル表示方法をちょっと変更しています。

訳あって…(笑)

これは昨日?書きました、『初めて見にきた方にも当ブログをより見やすく、使いやすく』するための対策の一つで、ブログ内に統一感を持たせるためでもあります。

今後とも、より見やすいブログを目指して攻めの改良を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします♪

 

 

blogランキング投票ボタン♪
毎日の得票の積み重ねで、順位が決まります。
記事を読まれる際に、応援クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ランキング(石屋蓮へ投票)

 

ではそろそろ、本題のパワーストーンご紹介(*´∀`*)

岩手県【O・R様】ご依頼ブレスレット♪

(ご予算)

5,000円

(依頼内容)

おまかせ

(補足)

以前に、トラウマが解消される時がくると鑑定していただきました。自分では何か周りの人間関係が変わってきたように思っています。

岩手県【O・R様】

(使用した石)

・モッカイト
・サンストーン
・シトリン
・水晶

今回はカスタマイズのご依頼でしたが、カスタマイズ前の写真がないため、カスタマイズ後の写真のみを表示しています。

※なお、カスタマイズについても、先日のメルマガに記載した理由により、【8月ご依頼受付分~】は8,400円以上の場合のみ鑑定詳細発表となります。ご了承ください。 

 

鑑定結果を書くにあたって、まずは石の意味から。

モッカイト…精神を安定させ、ポジティブな思考・判断を持つ者に促すことで、地に足をつけた行動を取らせる。また、過去のトラウマと向き合うことで解消させる。

サンストーン…心に余裕をもたらし、安心感・安定感を与える。また、強い意志を持って物事に向き合う力を与え、目標達成をフォローしてくれる。

シトリン…ストレスを軽減し、心身の健康を保つ。また、活力を与え、周りの人々との関係を円滑に保つように促してくれる。

記憶が確かならば、昨年仙台でイベントを開催した際にもご来場いただいたクライアント様ではないかと思います。

間違ってたらすみません(^_^;)

 

カスタマイズ前のブレスには、サンストーンシトリンは入っておらず、代わりにレモンクォーツラベンダーアメジストが入っていました。

ご依頼文にも書かれていますが、以前の鑑定時にトラウマについてのお話をしています。

 

出ている石から現在のクライアント様の特徴を簡単にまとめると、以下のようになっています。

  1. トラウマについては、以前に比べてかなり改善がみられるが、まだまだ道半ば。
  2. もう少し心に余裕を持つ必要がある。

 

以前に比べてトラウマの面はかなり改善されてきているようですね。

それは非常に喜ばしいことだと思いますが、引き続き『トラウマ』の石が出ているという事は、まだまだ完全ではない様子です。

勿論、「一気に克服~♪」なんてことはあり得ないと思いますので、引き続き改善していくのを待ちましょう。

 

で…、以前に比べて改善されてきている現状で、次にターゲットとなってくる課題が何なのか?

それが2.です。

元々、トラウマと同時に『意思が弱い』・『内面が不安定』というマイナス要素をお持ちだったクライアント様。

厳密には、上記の2点の要素があったために、トラウマが生まれたとも言えます。

 

そんな中、徐々に改善してきたトラウマ。

上記2点の要素もそれと同時に薄れてきているようです。

って事は、自動的に心に余裕を持てても良いはずなんですが、そこはまだまだ恐れもあってか持てずにいます。

また、それを持つために必要なことってものもあります。

それは昨日の記事で書いたこととつながりますが、『自己承認』をすること。

つまり、自分を認めることですね。

 

実際、改善されてきていることを実感できているという事は、認めてよい部分が出てきているという事。

この機会にそんなご自身をほめてあげてください。

 

って事で、今回はこの辺で。

開運浄化師“蓮”

 

〜当社アクセ部門【QUALE】〜
大分本店の店長が情報発信頑張ってますので、応援よろしくお願いします♪
【Facebookページ】
Import Accessories QUALE

あわせてお読みください♪

    None Found

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ