◇◆近況ご報告◆◇

アメンバーの皆さん
こんにちは。
『職人蓮』です。
まずは
昨日はブログ更新が
疎かになり
申し訳ありません。
とりあえず
近況報告を兼ね
一記事書かせて戴きます。
ただし
全体公開には
支障がある内容ですので
アメンバー記事と
させて戴きました。
現在の私…
自分自身
そしてある方の生き霊と
闘っております。
自分自身とは
自分の内面を磨く事…
これに関しては
純粋に
私自身の事ですが…
生き霊とは……
今回
大分でご来店された方…。
先日の記事で
『死闘を~』と
多少触れていた件です。
基本的には
今までちょっとした事は
述べたりしましたが
深刻だったり霊的な弱音は
ブログでなるべく
吐きたくないと
思っておりました。
これは
何故かワタクシ自身が
あまりその様な世界に
強い感心を
持っていないから。
実際
こういうお仕事を
している者の中でも
私は
力は持っていても
呆れるほど
その種の知識を
持ち合わせていない…。
というか
持とうとしない…。
しかし
今回は
相手があまりに
強大過ぎて
私自身
現在それに打ち勝てるのか
押し潰されるのではないか…
あまりに普通じゃない事が
起こり続け
かなり際どい
状態ですので
ブログを書く
気力がある内に
敢えてこの場に
私が闘っている証として
記録させて戴きます。
なお
この内容に関しては
申し訳ありませんが
私からアメンバー様に
コメを求めたい内容では
ありませんので
コメ欄は閉じます。
また
プチメ・他記事コメ欄
その他一切のものに
触れるのをご遠慮願います。
さて…
その方がご来店されたのは
今回のイベント初日。。。
以前(去年の夏くらい)
私の元で
初めて石を紡がれた
方でした。
初めてのご来店後
時間&曜日関係なく
携帯に何度もお電話があり
その度に
『携帯へのご連絡は
ご遠慮願います。』と
申し上げていました。

これが先日書いた
携帯の記事です。
で…
先月の別府最終日
ふと私の前に
私を呪い殺すかの形相で
現れました。
その時私は
『ヤバい、やられる…。』
全身が凍りついたのを
今でも覚えています。
私は
大抵のものを
怖いとは思いませんが
あれだけは
脳裏に焼き付いてます…。
実際あの日
自分が震えているのが
明らかに分かりました。
で…
その時は何とか
去って行きましたが
今回の初日…
私の前に
再度現れました。
初日は
五時間程…
そして
二日目は
三時間程……。
一度に
数時間いる訳ではなく
数度に分けて
気付けば柱の向こうから
仁王立ちして
私を見ている……
ちょっとずつ
近付いてくる…。
触れないように
注意書している石に
触れまくる…。
私が他の依頼者様と
話していたら
念を送り
睨み付け
追い払おうとする…。
私も
あらゆる策を講じて
対抗していましたが
全く怯む気配は
ありませんでした。
で…
塩風呂&日本酒風呂に
入った訳ですが
その翌日からが
ホントの闘いの
始まりでした。
とりま
心配された読者様が
出雲のお札や鈴等
送ってくださいましたが
それをもってしても
対抗するのに
苦しい時間があります。
私自身
今までに数千名の方に
石を紡いでまいりましたが
あそこまでの方は
初めて…。
こちらが何をしても
何を言っても
全く通じない。
私が闘う
最初で最後の
最強の相手かもしれない…。
何か
現実世界の話じゃないので
摩訶不思議な事にも
聞こえますが…。
とりあえず
生き霊は
生身の人間が放つもの。
当然
亡くならない限り
相手が
諦めない限り…
もしくは
私が完全に
振り払えない限りは
私の元から
消えないでしょう。
今回のケースでは
『相手が諦める』というのが
ほぼ
考えられないケース。
そして
実際…
ご来店が無くなった
3日以降も
私の周りでは
良くない事が…。
先日触れましたように
『携帯液晶が全損』
それと同じ日
私がいつもしている
『ラブラド&スーパー7の
ペンダント』紛失。

これは今までにも
何度か無くしましたが
必ず出てきてました。
しかし今回は
出てくる気配を
一切感じない…
出てくるイメージも
全く浮かんで来ない……。
実際
何処をどれだけ探しても
見当たらない。
そして本日
午前中
ルチルの数珠が
切れる筈のない
一番頑丈な部分から
ブチッと切れ
午後には
通し替えたばかりのブレスが
切れました。
それ以外にも
書けば限りない程
色々な事がありまして
無くした物…
失ってはならないのに
失いかけてるもの……
とにかく全てが
複合的に絡み合い
心身共に
かなり際どいラインで
闘っております。
時に
自分でも嫌になる程
負けず嫌いなワタクシ…
こんな事に
負けたくはない…。
でも現時点で
勝算が見当たらない…。
だけど
どうにかしたい…。
私は大抵
追い込まれた時に
力を発揮するタイプですが
今回ばかりは
それに押し潰されてる
感覚が消えません。
このまま
消えてしまえば
どれだけ
楽だろう。。。
だけどそれじゃあ
闘う意味がない。
そして
その闘いはやりつつも
日々を過ごし
自分も成長し
仕事も行う……。
何処まで続くか分からない暗いトンネル…
非常に
孤独な闘いです。
最後は自分次第。
自分を生かすも殺すも
自分次第。
どうにか勝って
この場に戻ってきたいです。
長くなりましたが
以上を
私の闘いの記録として
ここに残しておきます。
平成22年5月7日
幸せ請負人“職人蓮”

あわせてお読みください♪

    None Found

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ